婚約指輪と結婚指輪についてのこと!その違いとは

結婚指輪とは普段からつける

結婚指輪というのは、基本的に日常的につけることになります。それこそが結婚指輪の特徴であるといえるでしょう。ですから、デザインなどに関してはシンプルなほうがよいです。何故かといいますと宝石などがついていますと何に引っ掛けてしまうことがありますし、注意した方が良いことになります。結婚指輪は可能な限りシンプルなほうが使いやすいことになるでしょう。しかし、それもあくまで原則であり、個人の嗜好次第でもあります。

婚約指輪は見栄えが大事

あくまで婚約指輪はプロポーズをする時に渡すものになります。ですから、見栄えが大事になりますから、宝石などをつけるとよいでしょう。必ずしもダイヤモンドである必要性はないのですが、最も人気があるのがダイヤであることは確かです。もちろん、指輪自体の材質も大事であるといえます。ゴールド、プラチナあたりが無難な貴金属といえるでしょう。銀も貴金属ではあるのですが、錆やすいですし、今ではかなり安いですから、婚約指輪としては不満な部分が多いでしょう。

どの程度の価格の物にするのか

結婚指輪も婚約指輪もどの程度のものを買うのか、と言うのがとても大事なことになります。はっきりいって、これは個人的な収入によって違ってくることでしょう。給料の三か月分の婚約指輪といいますが別に決まっているわけではありませんから、分限は超えないように無難な金額にしたほうがよいです。結婚がゴールではなく、その後も生活は続いていくわけですから、少なくとも借金をしてまで買うようなことはしないほうがよいでしょう。

婚約指輪とは、男性から女性に贈る永遠の愛を誓うという意味で贈られる指輪で、エンゲージリングと呼ばれています。通常はダイヤモンドの指輪が多く左手のくすり指にはめられます。