太陽に負けない夏色の花嫁!ブライズメイクのコツとは!?

陽射しに負けないブライズメイクで

夏の結婚式ではブルーやグレーの色味が映えます。肌はテラコッタやオレンジの肌が似合いますよ。目力を強調してコントラストのシャドー使いで美しくみせ、口元はヌーディに仕上げて品よくみせるといいでしょう。夏の花嫁は華やかなブライズメイクにするのがポイントですよ。デコルテや腕にもパール感のあるものや、テラコッタ肌にみせるボディ用ファンデーションをプラスしてみましょう。色使いはまぶしい陽射しに負けない元気色のオレンジやクリアなブルーやグリーンで清涼感と透明感のある目元がいいですよ。

夏ならではの海をモチーフに

ヘアはシニヨンを全体にアンバランスにつくり、フロント部分はエキゾチックな三つ編みでティアラのように仕上げてみましょう。アクセサリーにはクリアな輝きが美しいビーズクリスタルを使用して、海をイメージするような白と青をメインとしたカラーやモチーフで夏の花嫁ならではの演出を心がけるといいでしょう。ブーケは太陽の光をいっぱい浴びたひまわりをメインにしたものもいいですが、プリザーブドフラワーのブルローズを使ったラウンドブーケもよく合いますよ。

初夏の陽射しにふさわしいドレススタイルで

リュクスなウエディングドレスにあえてトングやミュールなどでカジュアル感をプラスさせた、新鮮なスタイルで攻めてもいいでしょう。ゴージャスな中にもチョーカーの花使いや足元で遊び心を演出することで、初夏の陽射しにふさわしいドレススタイルができあがりますよ。上品で健康的なオレンジ肌に仕上げて、目元にはコバルトブルーを筆ではなく指で目尻におけば夏色オーラのパラダイスガールとなるでしょう。髪形はクラッシクに品よくまとめるのがポイントですよ。

太田での結婚式場の契約プランにこだわるために、信頼のおける式場の下見や担当者との話し合いをすることが必要です。